大学の費用はどうしてる?親にお金がない場合はどうしたらいい?

大学の費用はどうしてる?

「僕は不思議で仕方がないんです!」

 

どうも、さぼてんです。

 

何が不思議かっていうとね、「世間の親は子供が何人もいるのに、よく大学に行かせてるな」と。

この不景気で年収300万円を切るような時代に、子供を大学へ行かせるのは並大抵のことではないでしょ~。

それも何人も…。

ありえないです!

 

あなたは子供の大学の費用はどうしてます?

 

僕は会社からもらっている給料はたかが知れているし、貯金だってあるわけじゃない。

子供は大学受験を控えてるけど、とても大学の費用を払えるような状況じゃないし…。

まぁ、うちの家計状況を考えると、子供を大学に行かせるなんて、とても無理な状態なわけですよ。

 

  • 子供を大学に行かせるのに、いくら費用がかかるのか?
  • 収入が少なくて、貯金がなくても子供を大学に行かせることができるのか?
  • 大学の費用をどうして捻出したらよいのか?

 

って、世間の親を見ていて、ずっと疑問に思っていたんですよね~。

 

で、僕が受験生を持つ親になって、当事者になって、ようやくその謎が解けたわけですよ!

大学の費用はどうしてる?親にお金がない場合はどうしたらいい?

っていう深~い謎が・・・。

 

いったい、世間の親は大学の費用をどうしてるのか、僕がどのような選択をしたのか、紹介したいと思います。

あなたの参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

大学の費用はいくらかかる?

子供が大学に入学するとしたら、大学の費用はどれくらいかかるの?

親の立場からしたら、『大学の費用は1年間にどれくらいのお金が必要なの?』って、気になるのは当然だと思います。

 

以下日本学生支援機構(JASSO)の資料によると、1年目にかかる学費は、入学金、授業料、施設設備費などの費用を合わせて、

大学の費用はいくらかかる参照元:日本学生支援機構(JASSO)ガイドブック

  • 国立大学 約82万円
  • 私立大学文系 約115万円
  • 私立大学理系 約150万円(医歯系は約460万円)
  • 私立短大 約111万円

 

ざっとこれだけの費用がかかるんです( ゚Д゚)
僕はこれを見たとき、思わず引いてしまいました。。。

 

しかし、上記は学費のみの金額です!
学費以外の金額を含めると、通学費(一人暮らしなどの場合は家賃)や食費、交際費、課外活動費などの諸費用がかかりますので、1年間で総額約200万円程度のお金が必要になるわけですよね~。

学生生活費1年間の内訳参照元:日本学生支援機構(JASSO)ガイドブック

この資料を見てしまうと、中流家庭やそれ以下の低所得者は、子供を大学に行かせるのは正直無理だと思いませんか?

僕もこれを見たときは、子供には悪いけど『大学をあきらめてもらうしかない・・・』と正直思いましたもん((+_+))

さぼてん
・親にお金がない、家庭の経済状況が苦しかったら、子供は大学をあきらめるしかないの?

・日本という国は、親にお金がない、家計が苦しいという理由で、大学で勉強したいっていう若者に何のチャンスも与えない、そんなつまらない国なの?

・スウェーデンのように無償で教育を受けられる国になれないの(無理だけど)?

 

でも、いろいろ調べてみたら、この日本という国でも、親にお金がなくても子供は大学へ行くことができることがわかったので、とりあえずよかったわー。

詳しくは以下で説明しますね~。

スポンサーリンク

親にお金がない、貯金がない場合、子供は大学へ行けないの?

親にお金がない、貯金がないという理由で、子供に大学へ進学するのをあきらめてもらっているという親は多いことでしょう。

あなたの家は大丈夫ですか?

 

まぁ、大学生活1年間で200万円近くのお金が必要になるわけで、それが4年間(医学部・歯学部・薬学部・獣医学部は6年間)も続くとなると、子供には申し訳ないけど「大学をあきらめてもらうしかない・・・」という選択になるのは無理もないわなー。

僕は低所得者で貯金もありませんし、上記のような費用を捻出することはハッキリ言って無理ですから、そのような苦渋の決断をする親の気持ちも分からなくもないです。

でも、僕は「子供の夢を叶えてあげたい」「将来やりたい仕事に就いて、高い収入を得て、幸せになってほしい」という気持ちが強いので、どんなことをしてでも子供には大学へ行かせてあげたいって思ったんですよね。

なので、僕は家族全員で話し合い、以下の方法で子供の夢である大学へ行ってもらうことにしました。

奨学金制度を利用しよう

親にお金がなくて家庭の経済状況が苦しい場合、子供本人の手続きで奨学金制度を利用することができます

大学生の2人に1人がこの奨学金制度を利用しているので、もはや大学進学に奨学金は当たり前の時代になったということですね~。

半分以上の人が奨学金制度を利用していると聞いて、「あっ、僕だけじゃないんだ」って、正直凄くホッとした気持ちになりました。

奨学金制度の種類

日本学生支援機構の奨学金

参照元:日本学生支援機構ガイドブック

奨学金制度は、子供に対して学費などの資金を援助する制度で、日本学生支援機構(JASSO)、地方公共団体、民間団体、学校が実施しています。

奨学金の種類は、

  1. 給付型奨学金(お金を返さなくてもよいもの)
  2. 貸与型奨学金(お金を返す必要があるもの)
  3. 入学時特別増額貸与奨学金(お金を返す必要があるもの)

の三種類があります。

日本学生支援機構(JASSO)貸与型奨学金の利息は?

奨学金制度を利用している学生の9割は、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金制度を利用しています。

その日本学生支援機構の奨学金の一つ「貸与型奨学金(返済する義務あり)」には、

  1. 第一種奨学金(利息なし)
  2. 第二種奨学金(利息あり)

という二種類の貸与型奨学金があります。

第二種奨学金は利息がかかるといっても、年3%を超えない利率で運用するように法令で定められていて、利率固定方式と利率見直し方式という二種類の支払い方法を選択することができます。

 

平成28年3月末の実績利率は、利率固定方式が年0.16%、利率見直し方式は年0.10%(参考までに、僕の子供は利率固定方式を選択)。

利率見直し方式を選択した場合、日本経済や世界情勢が急変したとしても、最上限の利率は年3%なので安心です。

奨学金制度の活用方法

奨学金を利用している学生の9割は、日本学生支援機構(JASSO)の三種類の奨学金(給付型奨学金、貸与型奨学金、入学時特別増額貸与奨学金)を上手く組み合わせて利用しています。

  • 給付型奨学金 + 貸与型奨学金
  • 貸与型奨学金 + 入学時特別貸与奨学金
  • 親の自己資金 + 貸与型奨学金

などなどですね~。

 

意外と知られていませんが、地方公共団体(あなたの住所登録地にある役所)の中には、給付型奨学金制度を実施しているところもあるので、役所の方に問い合わせてみるのも良いと思います。

私立大学の場合は、学校や有志団体による給付型奨学金の制度が充実しているので、お金を返さなくてもよい独自の給付型奨学金をできるだけ利用して、足りないお金は日本学生支援機構の奨学金制度を利用するのもよいでしょう。

これらの奨学金制度を上手く活用することでできれば、キャッシュで学費などを払うよりもお得に大学生活を送れるかもしれませんので、

  1. もらえるものは貰う(給付型)
  2. もらえないものは利息なしで借りる(貸与型利息なし)
  3. もらえないものは利息付きで借りる(貸与型利息付き)

の順で奨学金の利用と組み合わせを考えていきましょう。

 

教育ローンは借りるとお得?

親にお金がない、家計が苦しい場合、奨学金以外にも資金を調達する方法はあります。

それは、親が教育資金目的で金融機関からお金を借りる「教育ローン」という方法です。

教育ローン
参照元:日本学生支援機構ガイドブック

金融機関からお金を借りる「教育ローン」というプランには、

  1. 国(日本政策金融公庫)の教育ローン
  2. 民間銀行系の教育ローン

の二種類があります。

国の教育ローンは年2%以内の利息に対し、民間銀行系の教育ローンは年3%程度の利息しかも担保を取られる場合もあるので、国の教育ローンの方がお得なのは間違いありません。

ですが、どうしても教育ローンを借りる必要があるなら仕方ありませんが、日本学生支援機構の貸与型奨学金の利息は教育ローンに比べて断然安いので、教育ローンを利用せずに、日本学生支援機構の奨学金を多めに借りて、返済していく方が断然お得ですよ。

奨学金を借りるうえでの注意点

奨学金は、大学卒業後に子供本人が返済するシステムになっています。

お金を借りるということは、当然お金を返さなくてはならないわけです。

 

ところが、大学を卒業しても就職先が決まらなかったり、就職したもののすぐに退職したり、低所得でお金を返済できなくなったようなケース、支払いをできずに滞納したケースなど、奨学金を返済できない学生が増えて社会現象にもなっています。

なので、

 

  • 何のために大学に行くのか
  • 大学で学んで何をしたいのか
  • 奨学金を借りてまで大学に行きたいのか
  • 奨学金をいくら借りるのか
  • どのように返済していくのか

 

ということをよく考えたうえで奨学金を借りるようにしましょう。

子供の借金は親の借金なので、僕は子供に最大限協力して返済する計画を立てています。

さいごに

このように低所得者であっても、奨学金制度を利用すれば、子供の夢である大学へ行かせることができます!

収入が少ない、貯金がない、家計が苦しい家庭が多いなか、大学へ進学する人が多いのはなぜでしょう?

学生の2人に1人が奨学金制度を利用しているのはなぜでしょう?

日本の将来を案じている親や子供が多いということですよね?

 

これから先、高卒で働けるような社会ではなくなっているのではないでしょうか。。。

厳しい時代です・・・。

履歴書

今の時代ですら、スキルがない人は企業から必要とされていません

 

もし、自分の子供が社会に出るときに高卒しかもノースキルだったら、履歴書にアピールするものを何も書くことができないし、面接する会社の人事に「No!」とダメ出しされ、ニートになるのは目に見えています。

僕は子供にそんな思いをさせたくありませんし、そんな子供を見たくありません。

なので、子供の将来を考えて、奨学金という制度を利用して、大学へ行かせることにしました。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です