ドラフト1位候補2017に注目!高校生の清宮選手には何球団が指名する?

ドラフト候補2017

ドラフト1位候補2017に注目している、さぼてんです。

 

早稲田実業高校の清宮幸太郎選手、履正社高校の安田尚憲選手、広陵高校の中村奨成選手の交渉権を獲得するのはどのチームになるのでしょう?

考えるだけでワクワクしますよね!

 

 

とにかく、清宮幸太郎選手の人気と注目度は飛び抜けています!

 

  • プロ野球志望届を提出するのか?
  • どのチームが指名するのか?
  • 何球団が指名するのか?

 

と、世の中の注目は清宮選手一点に染まっているほどですから、ドラフト会議2017は清宮幸太郎選手中心のものになるのは確実です!

 

もちろん、僕としても彼の進路は気になりますが、

 

  • 清宮選手を外した時の外れ1位を誰にするのか?
  • 重複指名を避けて、他の選手を単独指名する球団はあるのか?

 

の方が気になって仕方がありません。

 

ということで、僕の独断と偏見で考えるドラフト1位候補2017の注目選手、清宮選手は何球団から指名されるのか、清宮選手はプロで通用するのか、について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ドラフト1位候補2017の注目選手

清宮幸太郎(早稲田実業高校)内野手

高校通算111本塁打を達成した「U-18ベースボールワールドカップ日本代表」のキャプテン。

これまで山本大貴選手(神港学園出身)の持っていた歴代高校通算本塁打記録107本を塗り替えただけでなく、広角に打ち分けられるバットコントロール、高橋由伸(現巨人監督)のバッティングをさらに柔らかくしたバッティングセンスに僕は惚れ惚れしていますよ~。

 

清宮幸太郎選手の注目の進路については、私立の早稲田実業高校の学生なので早稲田大学へ進学するのが既定路線という見方をされています。

清宮選手の両親が早稲田大学と慶応大学の学生だったということで、『大学へ進んでからプロ入りしても遅くない』と親からのアドバイスがあるかもしれませんし、彼自身にも大学進学への思いが絶対ないとはいえません。

 

考えられる進路としては、

  1. 日本でプロ入り
  2. 早稲田大学進学
  3. 日本でプロ入り&早稲田大学のeスクール(通信教育)進学
  4. メジャーリーグ入り

 

どの道に進むにしても、10月12日(木)のプロ野球志望届提出期限までに、清宮選手本人が決断しなければならないことです。

日本のプロ野球を経験して、メジャーリーグに行くのが彼の夢だと思うので、僕としては周りの意見よりも自分の思いを貫き通してほしいと思ってる。

 

もし、清宮選手がプロ入りを選択した場合、1989年の野茂英雄投手(新日鉄堺)、1990年の小池秀郎投手(亜細亜大)以来の8球団重複指名、あるいはそれ以上の重複指名が見られるかもしれませんね~。

スポンサーリンク

安田尚憲(履正社高校)内野手

T-岡田、山田哲人、寺島成輝選手の出身校「履正社高校」のドラフト1位候補。

東の清宮、西の安田と比較されるほどの強打者で、高校通算65本塁打と長打力は折り紙付き!

僕が見たイメージとして、現阪神の福留孝介選手のようなタイプかなと感じています。

 

『清宮はファーストしか守れないが、安田はサードを守れる』と言うスカウトもいるので、サードを守れるスケールの大きなバッターが欲しいチームは1位から指名するでしょう。

あるいは、清宮選手の重複指名によるリスクを回避して、安田選手を単独指名してくるチームがあるかもしれません。

外れ1位で指名しても、外れ1位の段階で残っているか分からないぐらいの好選手だと思います。

中村奨成(広陵高校)捕手

あのPL学園の怪物「清原和博」の持つ、甲子園大会最多本塁打記録(5本)を更新したセンス抜群のスラッガー。

バッティングフォームは、巨人の坂本勇人選手そっくり

 

バッティングもさることながら、守備力はもっとすごい!

超高校級のキャッチングとスローイング、リーダーシップは甲子園でもひと際目立っていましたし、12球団のプロのスカウトが絶賛する理由もわかりますよね~。

 

広島出身なので地元広島東洋カープ志望かもしれませんが、城島健司級の捕手と言われる逸材だけに、1位で複数球団の重複指名が見られるかもしれません。
https://twitter.com/ksmokya_fcu_21/status/904326163425660929

増田珠(横浜高校)外野手

3年夏の神奈川県予選で、4戦連発のホームランを放った長距離砲。

ボールを遠くまで飛ばす能力に秀でているだけでなく、50m6.0秒と足が速い外野手としても注目を浴びている。

外野手というポジションはプロでは優先順位が低いため2位以下の指名になるかもしれませんが、清宮・安田・中村を指名で外したチームは、次世代の野手を狙うというビジョンから増田珠選手をドラフト1位で指名するかもしれません。

山口翔(熊本工業高校)投手

スリークウォーター気味のフォームから投じられる、MAX152kmのストレートは超高校級

体が出来ていないことでコントロールが安定していないところはあるものの、肘が柔らかく使えるので将来性抜群。

素材型の好投手なので、育成上手な地元の福岡ソフトバンクホークスあたりが外れ1位で指名するかも…。

村上宗隆(九州学院高)捕手

高校通算52本塁打を誇り、巨人の阿部慎之介2世と呼ばれるスラッガー。

50m6秒1の俊足ということで、捕手ではなく野手で指名する球団があるかもしれない。

しかし、捕球してから2塁への送球が1.9秒以内と速く、大型捕手の欲しい球団は1位指名してくるでしょう。

田浦文丸(秀岳館高)投手

第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップでの大活躍は印象的でしたね~。

身長170センチという身長は投手としては決して大きくありませんが、体全体を使って投げるので身長以上に大きく見えます。

ストレート、チェンジアップは最大の武器だし、先発・中継ぎ・抑えとどこでもできる器用さがあるのでプロ向き。

U-18日本代表で評価が急上昇して、どこの球団もドラフト1位で欲しがる好投手。

東克樹(立命館大)投手

田丸投手と同様に身長170センチと小柄だが、球持ちの良いMAX152kmの左腕

打者の手元で伸びる速球とツーシームが武器で、コントロールの良い左投手ということだけでドラフト1位候補になる。

東北楽天イーグルスが単独指名を狙っているとの噂もあるが、先発タイプのサウスポーが欲しい球団は競合覚悟で指名するかも。

鍬原拓也(中央大)投手

身長175センチと投手としては小柄な部類だが、帽子を飛ばしてMAX152kmの速球を投げる本格派

MAX152kmの速球と握りを変えて投げるシンカーが武器

千葉ロッテの石川歩投手、福岡ソフトバンクホークスの摂津正投手のピッチングを見て学んだらしい。

鍬原投手のようなパワーピッチャーを欲しがる球団は、1位で指名してくるかもしれませんね。

田嶋大樹(JR東日本)投手

MAX152kmの速球とカットボールが武器の本格派左腕

四死球率が高く制球力が課題ではあるものの、腕を目一杯振って打者の手元で伸びてくるストレートは魅力

本格派のサウスポーということで1位指名が確実視されている。

鈴木博志(ヤマハ)投手

身長181センチと恵まれた体から投じられるストレートはMAX156km

140km後半~156kmのストレートで、打者を牛耳ることができるクローザータイプのパワーピッチャー

福岡ソフトバンクホークスのサファテのように、少々制球が悪くても勢いでバットを振らせることができそう。

単独でドラフト1位指名してくる球団はあるでしょう。

清宮幸太郎は何球団から指名される?

清宮幸太郎選手がプロ野球志望届を提出すれば、福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長が言われるように「11球団が指名する」ようなことになるかもしれません。

しかし、清宮選手の交渉権を得られるのは1球団だけになるので、重複指名で外れた球団は残った選手から外れ1位を決めなければいけなくなります。

 

1位指名は入札指名なので、外れ1位でも重複すればさらに抽選することになりかねません。

そこでも外れたら、さらに残った選手から外れ外れ1位を決めなければいけなくなるし、清宮選手に偏った指名は非常にリスクを伴うことは全球団が理解しているでしょう。

そうなれば、清宮選手をあえて指名せず、安田選手・増田選手・社会人や大学の好投手を一本釣りする球団は当然出てくるはずです。

そういうことを考えると、清宮幸太郎選手の指名は、野茂英雄・小池秀郎投手と同じく、8球団くらいの重複指名で収まりそうな気がしています。

清宮幸太郎はプロで通用する?

清宮幸太郎選手がプロで通用するのか、通用しないのか…。

野球ファンの間では、賛否が分かれています。

ですが、清宮幸太郎選手は、

  • 木のバットに対応できる
  • 関節やリストを柔らかく使える
  • 体がムチのようにしなる
  • バットが体に巻き付いて出てくる
  • タイミングの取り方も上手い
  • 広角に打つことができる

 

ので、僕はプロ野球で通用すると思っています。

金属バットから木のバットに変わっても問題なく、高橋由伸(現巨人監督)のように3割30本以上は打てる打者になるでしょう。

さいごに

ドラフト会議2017、楽しみですよね!

清宮幸太郎選手のドラフトと言っても過言ではありませんが、彼の交渉権を得るのは1チームだけです。

清宮選手の交渉権を獲得するのはどのチームなのか、残りの11チームは誰を指名するのかに注目しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です