ドラフト会議2017の開催日程決定!観覧募集はいつから?

ドラフト会議2017_開催日程・募集要項

ドラフト会議2017の開催日程と観覧募集が発表される時期になると、自分がドラフトで指名されるわけではないのに、ドキドキしてしまうのはなぜでしょう???

どうも、さぼてんです。

 

ドラフト会議2016から早くも1年が過ぎ、ドラフト会議2017の開催が近づいてきました。

当日は選手にとって運命の日ということもあって、選手のみならず野球ファンとしても緊張してしまうのは当然なのかも・・・。

 

あなたは、ドラフト会議2017を直接会場で見たくありませんか?

僕は一度も直接会場で見たことがないので、ぜひ一度は生で見たいですね~。

なぜなら、自分の好きなチームは一体誰を指名するのか、注目している選手はどこから指名を受けるのか、ドキドキしながら臨場感を味わいたいからです。

 

以下の記事では、ドラフト会議2017の開催日程と観覧募集はいつなのか、放送予定と楽しみ方についてシェアしていますので、あなたの参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ドラフト会議2017の基本情報

■開催名:プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

  • 主催:日本社団法人日本野球機構(NPB)
  • 特別協賛社:大正製薬株式会社
  • ナレーター:関野浩之

■開催日時:2017年10月26日(木)

■開催時間:17:00開始予定(開場15:30予定)

■開催場所:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール

■アクセス:

【新幹線・JR・京急線を利用の場合】品川駅(高輪口)から徒歩約5分。

【都営地下鉄浅草線を利用の場合】高輪台駅から徒歩約3分

【羽田空港から来場される場合】 京急線にて羽田空港のターミナルから品川駅へ約15分。

■選択方法:

【1巡目】入札抽選
(同時入札の場合は下位球団からクジ引き、単独入札の場合は交渉権獲得)

【2巡目以降(偶数)】ウェーバー方式(リーグ戦下位チームから選択)による指名
(2017年はパ・リーグ6位→セ・リーグ6位→パ・リーグ5位の順)

【3巡目以降(奇数)】ウェーバー方式(2巡目とは逆順)による指名
(2017年はセ・リーグ1位→パ・リーグ1位→セ・リーグ2位の順)

【選択終了】各球団が指名する選手がなくなった時、若しくは選択選手が合計120名に達した時

 

スポンサーリンク

 

ドラフト会議2017の観覧募集はいつから?当選倍率は?

応募期間:2017年9月14日(木)15:00 ~ 9月28日(木)23:00

応募回数:1人1回(1名のみ登録可能)

応募上の注意事項:PCのメールアドレスを登録(携帯のメアドは不可)、当日は未登録の人は入場不可

入場資格:小学生以上

当選倍率:15倍以上

応募フォーム:NPB公式サイト

 

ドラフト会議2017の観覧募集については、募集期間が設定されています。

あらかじめ募集期間が設定されているので、早いもの勝ちってわけではないようですよ。

ですが、人の心情とすれば、『早く応募した方が当選に有利なのでは?』と考えてしまいますよね~。

 

当選倍率は15倍以上とも言われているなかで、当日ドラフト会議を生で観覧できる人って強運の持ち主だと思いませんか?

少なくとも、当選倍率が高くても応募しなければ当たらないので、まずは当選することを信じて応募しましょう。

当選結果については、PCのメールアドレスに届くので登録をお忘れなく…。

ドラフト会議2017の観覧する時の服装は?

ドラフト会議2017の観覧募集に応募して見事当選したら、『当日はどのような服を着ていこうかな』ってなりますよね?

僕も早くそのような気分を味わってみたいです~。

 

観覧する時の服装については特に指定されていませんが、一般常識を外れない範囲の服装で観覧しましょう。

僕は東京ヤクルトスワローズのファンなので、当選したらヤクルトの帽子とユニフォームを着ていく予定です(^_-)-☆

 

ドラフト会議2017の放送予定と楽しみ方

放送日時:2017年10月26日(木)

放送予定:
【テレビ-地上デジタル】TBS系列全国ネット放送
放送時間:16:50~17:40(予定)

【テレビ-CS放送】スカイA
放送時間:16:30~21:00

【ラジオ】ニッポン放送
放送時間:17:00~18:00(予定)

 

僕のドラフト会議の楽しみ方は、ドラフト1巡目は地上デジタルで視聴、2巡目以降はCSのスカイAで視聴することです。

地上デジタル放送の良いところは、1巡目で指名される選手の緊張感、指名後の安堵感や残念な表情、同僚や監督の興奮する姿とか、選手のコメントが聞けたりするので、その場にいなくても臨場感を楽しめるんですよね~。

CS放送はそのような臨場感はイマイチ味わえないので、地上デジタルで放送されるドラフト1巡目だけは見るようにしています。

ドラフト2巡目以降の指名や育成ドラフトはCS放送のスカイAが独占で放送しますので、自分が注目する選手はどこに指名されるのだろう?とか、ヤクルトは誰を指名するんだろう?とか、あの選手はまだ指名されてないよな?とか、そういったことを考えながらいつも見ていますよ~。

ドラフト2016からは、TBSのホームページで育成ドラフトまで見れる特設サイトがオープンしたので、スカイAに加入されていないのなら特設サイトでみることができますよ!

TBSの特設サイトはこちら

ドラフト会議終了後は、自分の好きなチームのホームページ(僕の場合はヤクルト)を見て、指名された選手のプロフィールをチェックしています。

もし、指名された選手のことを知らなかったら、youtubeで選手の動画を見たりして、自分なりにチームのドラフト評価をするのがドラフトの楽しみ方ですね。

 

さいごに

ドラフト会議2017、当日が楽しみですよね~。

当日は会場で楽しめれば一番良いでしょうけど、当選倍率が高いので自分でなんともできないのが悲しいところですね…。

たとえ観覧者になれなかったとしても、地上デジタル放送とCS放送のスカイAで楽しめるので、あまり落ち込まないようにしましょう。

Good Luck!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です