凱旋門賞2017の日程・テレビ放送が決定!日本時間なら何時発走?

凱旋門賞2017

凱旋門賞2017の日程・テレビ放送が決まりましたね!

どうも、さぼてんです。

いよいよ、凱旋門賞2017が始まります!

1年に1度の競馬の祭典ですから、今からドキドキが止まりません”(-“”-)”

 

いつもながら、凱旋門賞に出走してくる馬って凄い馬ばかりですよね~。

凱旋門賞は世界一と言われるレースなので当然と言えば当然なのかもしれませんが、『世界中から名馬を集めたらこんなメンバーになるのかよっ』て思ってしまいます。

そんな名馬が集まったレースを見れると思うだけで幸せです!

 

ということで、今回は「凱旋門賞2017」の開催日程とテレビ放送、日本時間で何時発走なのか、登録馬と見どころなどについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

 

凱旋門賞2017の基礎情報

◆開催日:2017年10月1日(日)

◆開催場所:シャンティイ競馬場(フランス)

◆条件:3歳以上オープン(牡・牝)GI

◆距離:芝2,400m(右回り)

◆負担重量:定量(3歳牡56.5kg、3歳牝55kg、4歳以上牡59.5kg、4歳以上牝58.0kg)

◆スタート時間:日本時間23:05(現地時間16:05)

◆賞金総額:5,000,000ユーロ(日本円で約6億7千万円)

◆優勝賞金:2,857,000ユーロ(日本円で約3億8千万円)

◆出走予定の日本馬:
サトノダイヤモンド(騎手)クリストフ・ルメール(調教師)池江泰寿
サトノノブレス(騎手)川田将雅(調教師)池江泰寿

 

スポンサーリンク

凱旋門賞2017のテレビとラジオの放送局&放送時間は?

毎年、テレビやラジオで放送されている凱旋門賞。

凱旋門賞のテレビ放送は、年々人気が高まっています。

年々人気が高まっている理由は、日本の競馬関係者やファンは「日本馬が凱旋門賞を勝つ瞬間を見たい」からです!

レースを見るために現地へ足を運んだり、テレビ中継に釘付けになったりするのは、当然の成り行きでしょう。

 

これまで、エルコンドルパサー、ディープインパクト、ナカヤマフェスタ、オルフェーブル

日本を代表する名馬が凱旋門賞に挑戦して、ことごとく世界の壁に跳ね返されてきました

これまで、日本馬の過去最高着順は2着(4回)

あと一歩のところまで来ていながら、日本馬はいまだに凱旋門賞で勝てていません

 

凱旋門賞2017は、日本からサトノ軍団2騎(サトノダイヤモンド、サトノノブレス)が出走予定

日本時間の22:00頃からテレビで放送されますので、凱旋門賞2017に出走する日本馬を応援しましょう。

放送局 放送時間(日本時間) 備  考
グリーンチャンネル 22:00~24:00 無料放送(一部ケーブルTV、ひかりTV、auひかり、グリーンチャンネルweb&モバイルは有料放送)
地上デジタル(フジテレビ系列) 22:00~24:40 「Mr.サンデー&スポーツLIFE HERO’S合体SP」の番組内で生放送
ラジオNIKKEI第一(ラジオ) 22:30~23:30 radiko.jpのアプリから聞けます

凱旋門賞2017の登録馬と見どころ

凱旋門賞2017登録馬
凱旋門賞2017

参照元:netkeiba

凱旋門賞は定量レースですが、3歳と4歳以上では馬の斤量差が非常に大きいことで知られています。

しかも、牡馬(オス馬)と牝馬(メス馬)との斤量差は、同じ歳でも1.5kgあります。

3歳牡馬56.5kg、3歳牝馬55kg、4歳以上牡馬59.5kg、4歳以上牝馬58.0kg

凱旋門賞は、斤量の軽い3歳牝馬が有利だと言われる理由がわかりますよね~。

登録馬を見渡してみると、3歳牝馬の登録は3頭。

英国オークス、愛国オークス、ヨークシャーオークス、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスSを制した、1番人気予想の「エネイブル」も3歳牝馬。

並んでの勝負根性は3歳牝馬とは思えないし、1番人気となるのもうなずけますよね。

あとは、レジェンドジョッキーの「ランフランコ・デットーリ」が、「エネイブル」と「クラックスマン」のどちらに乗るかに注目したいです。

あと登録で気がつくのは、名伯楽「オブライエン厩舎」の管理馬が実に多いこと。

凱旋門賞2016の1~3着馬は全て「オブライエン厩舎」が管理する馬でした。

凱旋門賞2017も「オブライエン厩舎」がチームプレイ作戦で、3歳牝馬の「エネイブル」を潰しにかかるような気配がします。

その「オブライエン厩舎」の管理馬のなかでも、昨年の2着馬だった「ハイランドリール」、同3着馬の「オーダーオヴセントジョージ」、3歳牝馬の「ウィンター」が「エネイブル」の相手候補。

「ウィンター」は、英1,000ギニー、愛1,000ギニー、コロネーションS、ナッソーSを制した女傑ですが、シャンティイ競馬場の2,400mの重い馬場をこなすことができるかどうかがポイントとなりそう。

そして、大注目は「オブライエン厩舎」のエースジョッキー「ライアン・ムーア」がどの馬に乗るかに注目ですね。

「ライアン・ムーア」がどの馬に乗るかで、「オブライエン厩舎」の馬の序列と勝負気配が読み取れます

サトノダイヤモンド&池江泰寿、悲願の凱旋門賞制覇となるか!?

菊花賞2016、有馬記念2016を優勝した「サトノダイヤモンド」に日本の期待が集まっています。

サトノダイヤモンドを管理する池江泰寿先生にとっても、凱旋門賞制覇は長年の夢でもあります。

凱旋門賞2着2回のオルフェーブルを管理していたのは池江泰寿先生ですし、「サトノダイヤモンド」に懸ける思いは相当なものでしょう。

で、その「サトノダイヤモンド」。

前哨戦となるフォワ賞で休み明け、重馬場、他馬に乗っかかられる不利が重なって4着と大敗。

元々休み明けは走るタイプではありませんが、本番の凱旋門賞2017は多頭数しかも相手が強化されるだけに、不安の残る前哨戦になってしまいました。

アンカツさんが言われるように、凱旋門賞2017当日の天気がどうなるか…。。。

パンパンの良馬場なら、前哨戦大敗でマークの薄くなる「サトノダイヤモンド」にもチャンスが訪れそうですね。

しかし、凱旋門賞2017が行われる日は雨予報が出ているので、「サトノダイヤモンド」にとっては過酷な条件になるかもしれません。

さいごに

凱旋門賞2017の日程、テレビ放送予定、登録馬と見どころ、日本馬について書いてきました。

とにかく、日本馬が凱旋門賞を勝つ瞬間を見たい!

僕はもう、その気持ちしかないです!

あなたも凱旋門賞2017が日本馬の初勝利になることを祈って、日本からテレビ・ラジオで日本馬を応援しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です