仮想通貨・ビットコインとは何のこと?買い方はどうしたらいい?

仮想通貨(ビットコイン)

「仮想通貨」「ビットコイン」とはいったい何のこと?どういう意味?

あなたは、そんなこと考えたことないですか?

どうも、さぼてんです。

 

最近、「仮想通貨」「ビットコイン」という言葉をよく耳にするようになりました。

僕は最近まで言葉の意味がよく理解できていなかったんですよね~。

『オンラインゲームとかの決済で使うコイン?』と何となくイメージはしていたのですが、人に聞かれたら答えられるレベルではありませんでした。

で、人に聞かれても答えられるように自分で調べてみたら、世界中で買い物ができたり、買ったり売ったりすることができる便利な通貨ということがわかったんですよね~。

 

ということで、今回は仮想通貨やビットコインとは何なのか、種類にはどういうものがあって、買い方はどうするのかということについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

仮想通貨とは?

仮想通貨って何?仮想とはどういうこと?

「仮想通貨」のことを聞かれて、ハッキリと答えられる人はどれくらいいるのでしょうか?

「通貨」は支払いとか決済の手段だとわかるけれど、仮想と言われても何のことか分かりませんよね?

仮想通貨【かそうつうか】

インターネット上でのみ流通する,紙幣や貨幣を持たず公的金融機関を媒介しない通貨。


参照元:百科事典マイペディア

 

「仮想通貨」は、紙幣や硬貨のように、物として実在するものではありません

インターネット上で決済することができる、世界共通の架空の電子通貨なんです。

財布から紙幣や硬貨を出す必要もないし、お釣りももらう必要がない。

スマホひとつあれば、世界中で決済ができる共通の電子通貨が「仮想通貨」になります。

 

例えば、あなたがアメリカのあるお店で化粧品を買ったとしましょう。

化粧品を買えば、商品の代価として当然お金を払いますよね?

あなたは、カード決済、現金払い、トラベラーズチェックなどで決済するのではないでしょうか。

もし、そのお店が「仮想通貨」を使って、電子決済することができるとしたら?

あなたが「仮想通貨」を保有していたとしたら?

その場合、世界共通の電子通貨である「仮想通貨」を使って、スマホから決済することが可能になります。

スポンサーリンク

ビットコインとは?

あなたは「ビットコイン」という言葉を、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

「ビットコイン」は、数多くある「仮想通貨」のひとつで、「仮想通貨」という言葉を知らない人でも、「ビットコイン」という言葉を知っている人がいるぐらい有名なんですよ。

 

「ビットコイン」は2009年に誕生して以来、年々価値は上がり続けています

2009年当時には価値のなかった通貨が、一時1BTC(1ビットコイン)=約56万円まで価値が急上昇。もし、2009年に1BTCでも購入していれば、約56万円に膨れ上がっていたわけですね(^^♪

日本人にとって馴染みのある電子通貨ですし、「ビットコイン決済」を導入する企業は増えてくるでしょう。

ですが、「仮想通貨」による決済はまだ日本社会に浸透していないので、ユーザーが「ビットコイン決済」を選択するようになるまでには相応の時間がかかるかもしれませんね。

仮想通貨の種類

仮想通貨には、「ビットコイン」のほかにも、約1,000種類以上あります。

日々新たな仮想通貨が誕生しているので、そのうち2,000種類を超えるようになるかもしれません。

まぁ、自分が使うとすれば1種類の通貨だと思うので、約1,000種類以上の通貨を覚える必要もないですけどね。

時価総額の計算式

Market Cap(時価総額)= Price(価格)× Circulating Supply(供給量)

下図は記事投稿時の時価総額ランキングですが、「ビットコイン」「イーサリアム」「ビットコインキャッシュ」「リップル」の時価総額が高いのが分かります。

これを見てもわかるように、ビットコイン」と「イーサリアム」は凄い人気なので、この2通貨は日本でも主流になりそうですね。

「仮想通貨」時価総額ランキング(投稿時)

仮想通貨時価総額ランキング

参照元:coinmarketcap.com(現在の時価総額はこちらから見れます)

仮想通貨の買い方

仮想通貨のことはわかったけど、買い方がわからないんだけど・・・

仮想通貨は、取引所(仲介所)を介して購入します

「ビットフライヤー」とか「コインチェック」の取引所はよく知られています。

 

それでは、androidやiphoneで「ビットフライヤー」のアプリをダウンロードし、無料アカウントを作成してみましょう。

↓ 「ビットフライヤー」の口座開設方法

「ビットフライヤー」の場合、「仮想通貨」の売買をするには、トレードクラスに登録する必要があります。

必要情報を入力、必要書類を添付してアップロードすれば、トレードクラスの登録は完了。

指定口座にお金を入金すれば、仮想通貨を買うための下地が整ったことになります。

 

↓ この動画で買い方のデモをやっているので、参考にしてみて下さい。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回は、仮想通貨やビットコインとは何か、種類や買い方について書いてみました。

仮想通貨にかぎらず、FX、先物取引、バイナリーオプションなどは投資商品です。

同じ通貨単位でも、価値が上がったり下がったりするので注意が必要です!

なので、投資である以上、得をすることもあれば損をすることもあることを絶対に忘れないで下さい。

相場は日々変わりますので、資金管理・相場の把握と認識を怠らないように心がけましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です