慶野松原花火大会2018!日程・穴場スポット・おすすめホテルはここ!

慶野松原花火大会2017

慶野松原花火大会2018

僕の大好きな淡路島の南あわじ市で行われる花火大会。

 

毎年と言っていいほど淡路島へ旅行に行っているんだけど、慶野松原花火大会ってイベントがあるのを知らなかった~。

たまたま、南あわじ市をGoogleで検索していたら、慶野松原花火大会のタイトルを発見。

凄く気になって慶野松原花火大会2018の日程とか場所とかアクセスなどの基本情報や穴場スポットを調べてみました。

南あわじ市が大好きな僕がおすすめするホテルも紹介しているので、是非参考にしてみて下さい。

 

淡路島へ家族旅行する時、海水浴やグルメだけではなくて、花火大会に行けば奥さんや子供は喜ぶだろうな~。

スポンサーリンク

 

慶野松原花火大会2018の基本情報

◆開催日時:2018年7月28日(土)予定
※荒天の場合は翌日の7月29日(日)に延期予定

◆打ち上げ時刻:20:00~20:45

◆打ち上げ場所:兵庫県南あわじ市松帆古津路 慶野松原海水浴場

◆アクセス(交通情報):

【高速バス】

JR神戸線・阪神電鉄・阪急電鉄・神戸市営地下鉄三ノ宮駅から淡路交通高速バスまたは神姫高速バスの福良行きに乗車、陸の港西淡下車(約1時間30分)、タクシーで約10分。
淡路交通高速バスの情報はこちら
神姫高速バスの情報はこちら
陸の港西淡付近のタクシー情報はこちら

【車】

神戸淡路鳴門自動車道西淡三原IC下車、県道31号を経て慶野松原方面へ約4kmの道のり。

◆打ち上げ数:約3100発

◆人出数:約1万5,000人

◆駐車場:1500台無料、会場周辺に臨時駐車場あり

◆問い合わせ先:南あわじ市企画部商工観光課(0799-43-5240)

 

慶野松原花火大会2018の見どころ

慶野松原花火大会は打ち上げ数が約3100発なので、同じ兵庫県で開催される「みなとこうべ海上花火大会」の1万発、同じ淡路島で開催される「淡路島まつり花火大会」の6,500発に比べると規模は小さいですね。

 

でも、この花火凄くないですか?

花火が行われる慶野松原海水浴場は、環境省が指定する日本快水浴場100選に選ばれ、瀬戸内海随一の白い砂浜と青松の景勝美で名高い場所ですね。

夕日の美しい砂浜としても有名で、日本の夕日百選にも選ばれているって凄いわ~。

花火が始まる前に美しい景観と海に沈んでいく夕日を眺めておきたいですね~。

 

慶野松原には「プロポーズ街道」というプロポーズの言葉を楽しむ1.5kmの散策道まであるそうです。

淡路島特産の瓦にプロポーズや誓いの言葉を刻んで、プロポーズ街道にある木の柵に飾るとか。

「瓦ぬ愛」を誓う淡路島の名スポットとなっているらしい( ..)φメモメモ

こちらも花火前に是非歩いておきたいですね~。


慶野松原海水浴場は長さが約2km。

例年花火の人出は約1万5,000人とそれほど多くないので、砂浜にレジャーシートを敷いてのんびりと鑑賞することができますね。

砂浜の沖合約200m先から打ち上げられるので、かなり近くで花火を満喫できるのがグッドです。

 

慶野松原花火大会の特徴は、自分の伝えたいメッセージをアナウンサーが読んでくれるサービスがあることです。

花火にメッセージを添えることができるので、大切な人に告白したり、誕生日をお祝いしたりしましょう。

スポンサーリンク

 

慶野松原花火大会2018の穴場スポット

慶野松原花火大会は人出の数がそれほど多くないので、砂浜からレジャーシートを敷いてのんびりと鑑賞することができますね。

海の上から見ることは禁止ですし、穴場スポットまで考えなくてよさそうです。

 

砂浜は砂浜でも、海水浴場にあるキャンプ場でバーベキューをしながら花火を見れば、より一層楽しめそうですね~。

キャンプ場の問い合わせ先
慶野松原海水浴場一般キャンプ場(0799-36-5959)

 

慶野松原花火大会2018+温泉宿はおすすめ

南あわじ市といえば「温泉」。

僕は毎年といっていいほど、南あわじ市まで車を走らせて「温泉」を満喫しています。

 

南あわじ市には、「うずしお温泉」「潮崎温泉」「南淡温泉」「三原温泉」「サンライズ温泉」「筒井温泉」と数多くの温泉があり、合わせて南あわじ温泉郷と呼ばれています。

慶野松原には、日本三大美人湯(川中温泉、龍神温泉、湯の川温泉)をも上回る重曹分を含んだ弱アルカリ炭酸水素塩温泉の「うずしお温泉」があります。

全国的にはあまり知られていませんが、なめらかで柔らい湯ざわりで、肌がすべすべつるつるになる美肌の湯なんですよ~。

 

慶野松原花火大会2018+「うずしお温泉」付きの宿に泊まるのは最高のコラボだと思いませんか?
日帰りするのはもったいないので、宿泊して花火・温泉・グルメを思いっきり楽しみましょう。

 

慶野松原花火大会2018+うずしお温泉を楽しめる宿

 

さいごに

淡路島は海の幸は最高、温泉は最高、景観は最高!

そんな場所で花火まで楽しめるなんて最高の贅沢でしょー。

奥さんと子供が喜んでくれるのなら、この夏は慶野松原花火大会に行くしかないですわ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください