まんのう公園イルミネーション2017-2018!アクセスは車とバスのどちらがいい?

まんのう公園イルミネーション2017

まんのう公園イルミネーション2017-2018」。

香川県仲多度郡まんのう町吉野にある「国営讃岐まんのう公園」で、毎年11月から年明けの1月初旬までライトアップされる「ウィンターファンタジー」

350ヘクタールというとてつもなく広大な敷地に映し出される、約55万個ものLED電球を使用した幻想的なイルミネーションは圧巻

香川県内で堂々の1位、全国で12位に入るほど、絶大な人気を誇っているのも納得ですね!

 

まんのう公園のイルミネーションで使用する電球数は、長崎「ハウステンボス」の1,100万個、三重「なばなの里」の700万個、神奈川「プレジャーフォレスト」の500万個などに比べれば少ないかも知れません。

電球数が多ければ多いほどいいの?

というとそうではなく、配色や変色を上手に使うことによって『どのように人へ見せる』か、『どのように演出する』かということが、イルミネーションでは一番大事なことなんです。

 

全国規模で見れば、電球数はそれほど多くない「まんのう公園」のイルミネーション。

なのに、全国で12位に入るほどの人気を誇るのはなぜでしょうか?

 

ということで、今回は「まんのう公園イルミネーション」の見どころ、アクセス方法、混雑と渋滞状況、注意点について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

まんのう公園イルミネーション2017-2018の基礎情報

◆開催名:まんのう公園イルミネーション2017-2018(ウィンターファンタジー)

◆ライトアップ期間:2017年11月18日(土)~2018年1月3日(水)
※12月26日を除く火曜日、12月29日~31日は休園日

◆ライトアップ場所:香川県仲多度郡まんのう町吉野「国営讃岐まんのう公園」

◆ライトアップ時間:17:30~20:00(土日祝)、17:30~21:00(年末年始)

◆使用電球数:55万個(LED電球)

◆アクセス:【車】高松自動車道善通寺ICから約25分

【電車】JR土讃線琴平駅下車→琴参バス「まんのう公園口」下車(約15分乗車)→徒歩30分

◆駐車場:1207台(中央駐車場:920台、北駐車場270台、自然生態園駐車場:17台)

◆駐車場料金:普通車310円、二輪車100円

◆問い合わせ先:まんのう公園管理センター(TEL 0877-79-1700)

 

スポンサーリンク

まんのう公園イルミネーション2017-2018の見どころ

まんのう公園は、東京ドーム74個分とも言われる広大な敷地(350ヘクタール)を持つとても整備された国定公園で、讃岐山脈を一望しながら四季折々の花を楽しむことができます。

↓ 秋のまんのう公園、きれいですよね~

そんな「まんのう公園」で毎年開催されているイルミネーションが「ウィンターファンタジー」。

香川県内1位、全国12位の人気を誇るイルミネーションで、毎年約15万人もの人が訪れているんですよ~。

まんのう公園イルミネーション2017-2018の見どころ
  1. 東京ドーム74個分もの広大な敷地(350ヘクタール)にライトアップ
  2. 55万個ものLED電球を使用
  3. 公園入口広場にある高さ10mの「シンボルツリー」
  4. 高さ5m、約4,900個(24段)のグラスを使用した「シャンパングラスタワー」
  5. 1時間に1回の割合で水が一気に湧き出る落差9mの人工滝「昇竜の滝」
  6. 全長100mの「光のトンネル」
  7. 2.5ヘクタールの「グランドイルミネーション」

 

まんのう公園のイルミネーションが人気なのは、広大な敷地、電球数、アトラクションの多さにあります

さらに、電球の配色や変色を上手に使っていること、土地の形状がすり鉢状になっているため「高い場所からイルミネーションを見渡すことができる」のも人気の理由でしょう。

 

↓ これ、ヤバくないですか?

これだけの人気と規模がありながら、長崎ハウステンボスイルミネーションの入場者数1,600万人に比べれば、まんのう公園の入場者数約15万人って少ないと思いませんか?

なので、人混みにもまれることなく、彼女と二人きりの時間を満喫できるので、「まんのう公園2017-2018」はあなたに超オススメしたいイベントです。

まんのう公園へのアクセス

まんのう公園は、四国唯一の国定公園ということで、香川県のど真ん中の山間部に位置しています。

大自然の中に位置していることもあり、アクセスはあまりよくありません。

電車・バスを乗り継いで行く場合

電車でいく場合、JR土讃線琴平駅で下車して、琴参バスに乗り換える必要があります

約15分間バスに乗って「まんのう公園口」で下車し、まんのう公園の入口まで徒歩30分

しかも、帰りのバスの最終便は、平日19時頃、土日祝は16時頃で非常に不便です。
琴参バス(美合線)の運行時間はこちら

これでは、一緒にいる彼女がイルミネーションを見る前に疲れてしまいますよね~。

下手したら、機嫌を損ねてしまうかもしれません。

なので、あまりオススメできないアクセス方法です。

車で行く方法

僕だったら間違いなく車で行きますね。

車なら高松自動車道善通寺ICから約25分なので、電車よりも車の方が断然便利ですよ~。

しかも、車だったら彼女と一緒にいられるし、機嫌を損ねる必要もありませんので(^^♪

タイヤはスタッドレスに交換しておこう

車で来場する場合は、一つ注意が必要です。

それは、季節が冬なので、雪が降る可能性があるということ。

まんのう公園は、香川県の山間部にあるので、11月でも相当冷え込みます。

なので、スノーチェーンを持参するか、あるいはスタッドレスタイヤに交換しておいた方がよいでしょう。

宿泊する場合(送迎あり)

ちなみに、あなたが日帰りではなく彼女と宿泊してイルミネーションを見る計画をされているのなら、琴平温泉(こんぴら温泉)に宿泊するのをオススメします。

香川県は「こんぴら温泉まつり」と銘打って、まんのう公園のイルミネーションを見るツアーを実施しているんです。

◆ツアー料金:大人1,000円、小中学生500円、6歳以下は無料

◆料金内容:琴平温泉から会場へのバス送迎まんのう公園の入場料、ホッカイロ

◆問い合わせ先:こんぴら温泉旅館ホテル協同組合(TEL 0877-75-3500)

 


彼女と温泉に宿泊することはもちろん、イルミネーションまで楽しめるなんて至福の旅ですよね~♪

行き帰りの混雑状況と渋滞状況は?

まんのう公園のイルミネーション「ウィンターファンタジー」は、毎年約15万人の人が訪れています。

ですが、東京ドーム74個分もの広大な敷地(350ヘクタール)なので、人混みにもまれている感はありません。

とくに平日は待たずに入れるし、土日祝は待ってもたかが知れています。

さすがにクリスマスシーズンは混雑しますが、待っても20分程度のものです

 

ただし、土日祝やクリスマスシーズンに車で来場される場合は、駐車場が満車になるので早めの来場を心がけましょう

まんのう公園には、北口と西口の2つの入場門があります。

北口は付近に国道438号線がある影響をもろに受けて渋滞しやすいので、西口から出入するのがポイントです。

さいごに

「まんのう公園イルミネーション2017-2018」について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

人気のあるイルミネーションイベントは、送迎バス待ち、チケット購入待ち、食事待ち、トイレ待ちなど、全ての行動で混雑しますよね。

その点、まんのう公園のイルミネーションは、そのようなストレスを感じることなく楽しむことができるので、本当にオススメのスポットなんですよ~。

彼女と二人きりで「まんのう公園イルミネーション2017-2018」を思い切り楽しんで、二人の最高の思い出にしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です