楽天モバイルの格安simなら夫婦で月12,000円、年間144,000円も節約できる!

格安simの楽天モバイルに乗り換え

楽天モバイルの格安simに乗り換えてから、1年が経過した「さぼてん」です。

 

楽天モバイルの格安simに乗り換えるまでは、僕と奥さんはソフトバンクモバイルのスマホ(Android)を使っていたんですけど、毎月1人当たり8,000円以上の高い携帯料金がかかっていたんです。

ホント、大手携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンク)の携帯料金ってマジで高い。

 

僕は会社から給料を大して貰ってないので、2人で毎月16,000円以上っていう高い携帯代を払うのは結構大変でした。

携帯代の支払いで生活が圧迫してたので、「通信費を一から見直そう」って夫婦で話し合い、楽天モバイルの格安simに変えたんです。

 

まぁ、その甲斐あって、楽天モバイルの格安simに乗り換えてから、夫婦で毎月12,000円も携帯代が安くなりました

しかも1年間使っているから、月12,000円×12ヶ月=年間144,000円!?

この1年間で144,000円ものお金を節約ですよ!

 

なんか、数字を見たらよくこれだけ節約したなって感じます。

 

あのままずっとソフトバンクを使い続けていたら、144,000円もの大金は手元に残らなかったわけですよねー。

 

携帯会社をそのまま使ってる人って、手続きが面倒だからずっと使っている人が多いんですけど、たったそれだけの理由で年間144,000円を無駄にしているのって、すごく勿体なくないですか?

MNP(今の電話番号を引き継ぐ)の手続きは簡単ですし、今使っているスマホをそのまま使えたりするので、面倒くさいからっていう理由だけで格安simに変えないのは非常にもったいないです。

 

あなたが今支払っている携帯会社の料金プランがあなたのライフスタイルと合致しているのかどうか、この機会に本気で考えてみましょう。

この記事を是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

格安simの楽天モバイルは夫婦で乗り換えたら月12,000円も安くなる

ソフトバンクモバイルのスマホを使っていた時は、「スマ放題」という24時間通話し放題の料金プランを使ってました

 

通話定額基本料 2700円 + ウェブ使用料 300円 + データ定額5GB 5,000円 = 8,000円

が毎月1人当たりが支払う最低限の金額だったんです。

 

この「スマ放題」というプランは、簡単に言うと24時間通話し放題の料金プラン。

だけど、僕も奥さんも電話って滅多にかけないし、かけない月もあるぐらい普段から電話はしない人なんです。

 

夫婦で乗り換えたら月12,000円お得

 

データプランにしても、僕と奥さんは基本的に家のwi-fiを使ってデータ通信をすることが多いので、家の外で動画を見たりとかしないんですよね~。

なので、データ通信5GBなんて容量も全く必要ないし、この「スマ放題」という料金プランは、僕たち夫婦にとって全く意味がありませんでした。

 

「今の携帯代は高いし、安くする方法はないかな~」と思ってネットサーフィンしていたら、「楽天モバイル」っていう格安simの存在を知ったんですよね~。

僕たち夫婦の場合は、基本的に家のwi-fiを使うし、家の外でデータ通信は滅多にしないし、電話はほとんどしないので、ネットやSNS(Line,Twitter,Facebook等)、メール(SMS,MMS)ができて、おまけに今の電話番号を引き継いで電話ができるだけでよかったんですよね。

なので、今のライフスタイルと月々の通信量を考えたら、2人とも3.1GB定額プランが最も適していたわけです。

楽天モバイルのホームページはこちら

 

3.1GB定額プランの場合、

基本料 1,600円 + 通話料(電話しなければ0円) = 1,600円

が毎月1人当たりが支払う最低限の金額になります。

 

ちなみに、僕たち夫婦は余裕をみて月3.1GBの定額プランにしましたが、今までに月3.1GBも使った月は一度もないです。

 

ソフトバンクモバイルと楽天モバイルの月々支払う金額の違いはというと、

ソフトバンクモバイル 8,000円 - 楽天モバイル 1,600円 = 差額 6,400円

 

たとえ400円分を電話で通話したとしても、毎月6,000円も違ってきます!!

 

ヤバくないですか!?

 

ソフトバンクモバイルで使ってた時と同じように、Line、Twitter、FacebookといったSNS、Youtubeやニコニコ動画を見たり、ネットサーフィンだって不自由なくできるし、今までの電話番号で電話をかけることも、メール(SMS、MMS)をすることもできます

 

それでいて、ソフバンに支払っていた月8,000円という高額な携帯料金が、月1,600円+楽天でんわの通話料:国内通話10円/30秒(税別)になるって安すぎません?

 

僕の場合、夫婦の料金になっても、月1,600円×2人=月3,200円って笑ってしまうぐらいの金額になりました。

 

 

格安SIMの会社と大手携帯会社との違いは?

大手携帯会社(以下大手キャリア)は、「MNO(Mobile Network Operator)、日本語で移動体通信事業者」って呼ばれていて、通信設備の設置や維持、店舗、人件費、広告宣伝費などに多くのお金をかけています

 

大手キャリアは、設備投資費・人件費・広告宣伝費などにお金を使うので、そのコストをユーザーさんの月々の携帯料金に上乗せして徴収しているわけですね。

 

対して、楽天モバイルのような格安SIMの会社は、「MVNO(Mobile Virtual Network Operator)、日本語で仮想移動体通信事業者」って呼ばれていて、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から設備をレンタル(間借り)しているので、通信設備の設置や維持にお金がかからないんです。

 

なので、大手キャリアに設備のレンタル料金を支払い、店舗や人件費、広告宣伝費のコストもできるだけ削ることによって、ユーザーさんに安価な料金を提供しているわけですね。

スポンサーリンク

楽天モバイルに乗り換える手順

それでは、楽天モバイルに乗り換える方法を紹介します。

①データのバックアップを取る
【iphoneはitunesかicloudにバックアップしよう】

【androidはGoogleアカウントなどにバックアップしよう】

 

②キャリアのメールアドレスが使えなくなる場合に備えて、Gmailのメールアドレスを取得する

 

③キャリアメールで登録しているSNS(無料通話アプリ「Line」、Twitter、Facebook)などは、解約前にメールアドレスの設定変更や引継ぎをしておく

 

今使用している機種が、楽天モバイルで使用可能な機種なのか確認する

対象機種でない場合は、機種変更する機種を決める。

楽天モバイルのホームページはこちら

 

⑤simロックフリー端末ではない場合は、simロックの解除をする

simロックフリー端末ではない場合は、simロック(特定のキャリアで使えるように設定された状態)を解除する必要があります。

手続きは、各キャリアの店舗(有料)あるいはご自身でパソコンかスマホから手続き(無料)をすることができます。

simロックフリー端末、simロック解除可能なiphoneは楽天モバイルで使えるわけですね~。

 

対象機種の確認、simロック解除の手続きが面倒だと思われる方は、大手携帯会社の各店舗で手続きをしましょう。

 

⇒ ドコモスマホのsimロック解除方法

⇒ auスマホのsimロック解除方法

⇒ ソフトバンクスマホのsimロック解除方法

 

⑥MNP(マイナンバーポータビリティ)

今使っている電話番号をそのまま使いたい場合、MNP(マイナンバーポータビリティ)の手続きが必要になります。

MNP予約番号の発行手続きが完了すれば、今使っている電話番号をそのまま引き継ぐことが可能になります!

 

⇒ ドコモからMNPする方法

⇒ auからMNPする方法

⇒ ソフトバンクからMNPする方法

 

 

⑦楽天モバイルと契約する

楽天モバイルのホームページあるいは楽天モバイルショップにて契約できます。

 

  • 自分にあった格安simとプランを選ぶ
  • MNP予約番号を入力する(通話simの場合)
  • 楽天モバイルのsim、機種購入の場合はスマホが郵送される(ホームページから申し込みの場合)
  • simをスマホに差し込む
  • APN(アクセスポイント)の設定をする

 

たったこれだけ。

僕の場合、楽天モバイルのホームページから申し込みをして、2~3日で自宅にsimカードと格安スマホが到着。

simをスマホに差し込んで、APNの設定をしただけですぐに使えるようになりました。

 

僕が楽天モバイルにした理由

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)を解約して、格安simの利用者は日を増すにつれ、増加している傾向にあります。

どのような理由からだと思いますか?

 

それは、

  1. 大手キャリアの料金体系がわかりにくい
  2. 携帯料金がアホほど高いこと
  3. 2年縛りがあること

で、ユーザーが嫌気をさしているから。

 

大手キャリアの料金体系がわかりにくい

 

僕が楽天モバイルにしたのは、

 

  • ドコモの回線を使える
  • 楽天ユーザーである
  • 携帯料金で楽天スーパーポイントがたまる
  • スマホ端末が安い
  • メールアドレスが一つもらえる
  • 会社が大手である
  • サポート体制がしっかりしている

 

ことが理由です!

 

まぁ、僕の場合は、ドコモの回線を使える、楽天スーパーポイントがたまる、スマホ端末を安く購入できる、メールアドレスが一つもらえることが決定打となりましたね。

サポート体制もしっかりしているし、1年使った今でも何のトラブルもなく使えています。

 

格安simの契約前に知っておくべきこと

「安いのはいいけど、何かオチがあるんじゃない?」

「ネットにつながらないとか、電話ができなくなるとか問題がありそう」

って、僕も格安SIMに変えるまでは勘ぐっていました。

 

僕は楽天モバイルに乗り換えて1年になりますが、何一つトラブルが起こったことはありません。

ですが、「格安SIMに変えてトラブルが発生した」というニュースもチラホラ聞きますので、格安simの契約をする前にどのようなトラブルがあるのか知っておきましょう。

 

キャリアメールが届かなくなる

格安SIMに乗り換えると、今まで使っていた大手キャリアのメール(@docomo.ne.jpなど)は当然使えなくなります

格安SIMはMMSメールが使えない会社が多いなか、楽天モバイルは@rakuten.jpのメールアドレスを1つ貰えます。

なので、Googleのメールサービス「Gmail」、楽天モバイルのMMSのどちらかも使用できるメリットはデカいです。

 

回線混雑時に通信速度が低下する

ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアの場合は30Mbps前後の通信速度で安定しています。

格安SIMの各社(MVNO)は、大手キャリアから設備を間借りしているので、借りている回線の量・大きさ・幅の中で通信する必要があります。

大手キャリアの設備をフルに使っているわけではないので、時間帯(特にお昼)によってはレンタルスペースが混雑してしまい、大手キャリアと比べて速度が遅くなるという結果が出ています。

下手すれば、平日の昼は大手キャリアの30分の1になる速度の0.5Mbps程度になることもあるので、通信速度が低下して遅くなるのは契約前に理解しておく必要がありますね。

僕の場合、お昼の時間にウェブでホームページを閲覧したりする時にたまに遅いと感じることはあっても、SNSやアプリは全然問題なく利用できています。

 

電話窓口がつながりにくい会社もある

格安simの会社によっては、電話の問い合わせで窓口がつながりにくいとか、全然連絡がとれないといった報告があります。

楽天モバイルの場合、電話・メール・チャットで連絡をとることができますし、電話・チャットになると質問回答が速いです。

 

格安simが使えないスマホがある

「通信方式が違った」「SIMロックが解除できない機種だった」「simの種類が違った」といった理由で利用できないケースがありますので、格安SIMの種類や今利用しているスマホが使えるのかどうかは利用する前に必ず確認するようにしましょう。

 

公衆無線LANが使えない

「docomo wi-fi」「au wi-fi spot」「ソフトバンクwi-fiスポット」といった公衆無線LANが使用できなくなります。

楽天モバイルには、日本全国63,000箇所の「BBモバイルポイント」と「Wi2」のwi-fiスポットを利用できる、「楽天モバイルWiFi by エコネクト」というサービスをオプションで利用できます。

 

キャリア決済で課金が出来ない

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアは、月々の携帯料金に含んで請求できる「キャリア決済」という課金方法があります。

格安simに乗り換えた場合、この「キャリア決済」という課金サービスは使えなくなります。

なので、 僕の場合は、クレジットカード、あるいはwebmoneyで決済しています。

 

乗り換える時に解約料が発生する

大手携帯キャリアの契約は、2年縛りが基本となっています。

なので、契約期間内に解約すると解約料が発生するんですよね。

格安simに乗り換える前に、必ず大手携帯キャリアの店舗窓口で契約期間を確認しておきましょう。

 

僕の場合、ソフトバンクとの契約期間を1年程度残しての解約だったので、解約料と端末の残債が発生しました。

まぁ、1日も早く解約したかったので仕方ないかなー。

 

解約手続き

 

一時的に高額な料金は発生しましたが、楽天モバイルに乗り換えたら、たった半年で回収できてしまいます。

しかも、楽天モバイルに変更して1年が経過したので、およそ7万円のお金が浮いた計算になります。

ただ一つ言えるのは、僕のように契約を残したまま解約をせずに、解約料と端末残債がかからない状態で解約した方がよいということです

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

僕たち夫婦は、大手キャリアから格安sim乗り換えることによって、夫婦で月12,000円、年間で144,000円ものお金を節約することができました。

自分のライフスタイル、家計状況を考えてスマホを使っていけば、これだけのお金を無駄に使わずに済むようになります。

あなたも是非活用してみて下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です