東京ヤクルトスワローズのコーチは誰?2019シーズンの首脳陣が気になる!?

東京ヤクルトスワローズのコーチ2019は誰?

東京ヤクルトスワローズのコーチは一体誰になるのか???
僕は気になって気になって夜も眠れません(^_-)-☆

あなたは2019シーズンのコーチ人事がどうなるのか気になりませんか?

 

御存知の通り、東京ヤクルトスワローズは2017シーズンには球団ワーストとなる96敗と大負けしたチームです!
そんなチームが2018年シーズンには、リーグ2位と大躍進って(^^♪
セ・パ交流戦での優勝、貯金9での2位って、ここまでやるとはあなたは予想してました???
僕は全然予想してなかったです(笑)。

2018シーズン、選手は『執念』を持って、試合の終盤でもあきらめずに戦いましたよね。
それは、東京ヤクルトスワローズ2018の新監督として小川淳司、ヘッドコーチに宮本慎也、打撃コーチに石井琢朗、外野守備走塁コーチに河田雄祐を招聘して、選手の意識改革を行った結果なのかもしれません。

ですが、高橋奎二、中尾輝、梅野雄吾、廣岡大志、村上宗隆、宮本丈、風張蓮ら、若手の成長があったのは見逃せません!
2017シーズンに1軍コーチスタッフだったメンバーを2軍のコーチスタッフへと配置転換し、2軍で若手を育成したことが非常に大きかったですね~。

なので、2019シーズンは若手育成の流れをそのまま継続して、チームの底上げを図ってもらいたいな~。
レギュラー陣がケガした場合でも代わりの選手がカバーして、長いシーズンを戦い切れるだけの厚い選手層、そして若手主体の見ていて楽しいチームを作ってもらいたい!
そういう意味でコーチをはじめとした人事ってとても重要になってきます。

そういうことで、今回は東京ヤクルトスワローズ2019の人事、とくにコーチはいったい誰になるのか、僕が予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

ヤクルトスワローズ2019のコーチ人事予想!

ヤクルトスワローズ2019のコーチ陣は、2018シーズンの好成績からあまり大きくは変えてこないと予想されます。

ですが、東北楽天イーグルスのGM(ジェネラルマネージャー)にヤクルトOBの石井一久が就任したので、ヤクルトから何人かスタッフを引き抜くのではないか、という良くない噂がニュースになっていますので、『えっ』っと驚くようなサプライズ人事があるかもしれませんね。

2軍のチーフコーチである三木肇とバッテリーコーチの野村克則、2017シーズンの投手コーチで現富山GRNサンダーバーズ監督である伊藤智仁まで東北楽天への入閣が内定とも言われています。

『石井さん、ヤクルトの人脈を活かして引き抜くのやめてくれよ~』。

こういうこともあるから、僕は2018シーズンの投手コーチとして石井一久を押していました。
彼は経験豊富ですし、野球観が素晴らしいのでGMとしても必ず成功するでしょう。
古田敦也、高津臣吾とも仲が良いので、いずれ楽天で一緒に仕事するかもしれませんよ。

https://twitter.com/gudetora/status/1051593247770853376

1軍 名前 短評
監督 小川淳司 留任。シニアディレクターからの監督再任で結果を出した。選手の掌握術に長けている。
ヘッドコーチ 宮本慎也 留任。鬼の宮本慎也は健在。ヤクルトの選手にID野球、状況に応じた野球ができるように「野球脳」を叩き込んでくれ。
投手コーチ 田畑一也 留任。野村再生工場の代名詞。投手陣に雑草魂を叩き込め。
投手コーチ 石井弘寿 留任。ブルペンコーチとして中継ぎ陣の準備が大変。宜しく頼みます。
1・2軍巡回打撃コーチ 杉村 繁 留任。村上、廣岡、奥村、宮本、渡邊ら若手を一人前に育てるのが急務。
打撃コーチ 石井琢朗 留任。丸や鈴木のような球界の宝をヤクルトでも育ててほしい。
打撃コーチ 宮出隆自 留任。中村悠平の打撃力向上に専念してもよい。
内野守備走塁コーチ 土橋勝征 留任。内野の守備が向上したのは土橋防衛長官のおかげ。
外野守備走塁コーチ 河田雄祐 留任。雄平とバレンティンの守備はヤバい。なんとかしてくれぃ。
バッテリーコーチ 衣川篤史 スコアラーからの転身。中村・古賀・西田・松本から正捕手をつくって!
2軍 名前 短評
監督 高津臣吾 留任。ヤクルトは生涯契約すべき人材。絶対楽天には行かないでね。
チーフコーチ 田中浩康 ヤクルトから横浜DeNAへ移籍して2018シーズン最後に引退。それでもヤクルトは待っている。まさかのチーフコーチ就任なるか!?もしかして、このポジションに池山隆寛や橋上秀樹ってことも。
投手コーチ 小野寺力 留任。寺島、田川、金久保らの若手を一人前にすれば株があがるぞ。
投手コーチ 松岡健一 2018シーズンを最後に引退。魔球フォークボールを若手にもハフにも伝授しよう。
打撃コーチ 北川博敏 留任。廣岡、宮本ら若手に打撃の基本のキから教えてほしい。
打撃コーチ 松元ユウイチ 留任。バットを短く持つユウイチさんのような若手を見かけないぞ!どうなってる?
内野守備走塁コーチ 森岡良介 留任。内野守備走塁コーチ2年目の『モリオカで~す』。
外野守備走塁コーチ 福地寿樹 留任。外野層が薄くなっている現状。外野コンバートの渡邊を一人前に育ててほしい。もしかして福地さん、選手としてまだ出来るのでは?
バッテリーコーチ 古久保健二 元ヤクルト2軍バッテリーコーチ。また西田と焼き肉行けるね♪結果的にカツノリと健二さんのトレードってことになるのでは?もしかして、田中雅彦が就任する可能性も。

 

スポンサーリンク

2018シーズンで退団するコーチ予想

ポジション 名前 短評
1軍バッテリーコーチ 野口寿浩 ベンチで元気のない姿が目撃されていた。明るいチームカラーに合わなかったのか?
2軍チーフコーチ 三木肇 1軍での優勝と若手の育成に貢献。楽天の2軍監督が有力視されている。なぜだ、三木さん!
2軍投手コーチ 赤堀元之 投手育成が評価されていただけに疑問が残る。ドラゴンズへコーチ入閣か!?
2軍バッテリーコーチ 野村克則 1軍での優勝と古賀・松本の育成に貢献。楽天の2軍バッテリーコーチ就任が有力。そんなに楽天がいいの?ノムさんに相談はしたのか?

 

2019シーズンはどうなる?

2018シーズンの結果は広島に大きく離された2位。
それだけに、2019シーズンは「打倒広島」をスローガンとして優勝を目指すのが基本線となるでしょうね。

広島に勝つには、ドラフトでの新戦力、外国人の補強が超重要になってきます。
今のヤクルトの選手は、先発投手とくに左投手の不足、投手陣と外野陣の高齢化が深刻なので、2018ドラフト会議では補強ポイントである投手と外野手を指名するのは確実でしょう。

本来なら即戦力の大学生・社会人を指名したいところかもしれません。

しかし、最近の指名動向から高校生を中心とした将来性を重視した指名となっているので、1巡目は高校生野手、2巡目は大学生・社会人の投手、3巡目からは高校生投手って感じになりそうです。

1巡目で金足農業の吉田輝星や浦和学院の渡邊勇太朗を即戦力として指名する可能性もあるかもしれません。

僕は投手なら吉田輝星や渡邊勇太朗、野手なら藤原恭大を指名するのを熱望してます!

野手か投手のどちらを指名するのかはわかりませんが、自前で若手を育成しながら戦っていく」という今の方針のまま2019シーズンを戦っていくのは間違いないでしょう。

さいごに

今の広島東洋カープは、ドラフトでの選手補強、カープアカデミーで育てた外国人補強がズバリ上手く行って常勝軍団となっていますよね。
自前で選手を育ててチームを強くする、もはやプロ野球球団の模範とも言えるチームです。

東京ヤクルトスワローズにも広島東洋カープのように、自前で選手を育てて誰もがうらやむような常勝チームになってほしい!
ただただ、それを願うばかりです。

それにはまず、ドラフトで獲得した選手、奥村スカウトが発掘した外国人、戦力外から獲得した選手を育てる監督やコーチが超重要になってきます。

なので、2019シーズンのコーチ人事が決定するまでハラハラドキドキですね~。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください